電子書籍

自由気ままな起業ライフ

kwmr

ゆるふわ起業家・河村俊介さんの電子書籍
「自由気ままな起業ライフ」が出版されました。

出版の手続きをしたのが21時すぎ、
販売開始になったのが22時過ぎと、
1時間で出版されたのはこれが初めて…
恐るべし電子書籍。

河村さんはそんじょそこらの起業女子に負けないぐらい、
キラキラときめく生活を送ってらっしゃいます。

でも、そんなキラキラわくわくルンルンな
日々を送れるようになるまで、
どれだけ自信がなくて、
「人生なんてこんなもん」で、
人の目ばかり気にしていたのか…
がこの本を読むとわかります。

今の日本は〇〇!
と言い切る河村さんから発信される
「こっち来なよ」という合図を、
どうか受け取ってほしいと思います。

当分120円です。
自販機で飲み物一本買うお値段ですよ、読んでみてね。

特に若い人には読んでほしいな。
知っておいて損はないことが、たくさん書かれています。

こちらからどうぞ♪
http://amzn.asia/5qQHPoG

2017-01-29 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

編集作業

ファイル 2017-01-18 7 41 19

「仕事のできる人はメールの返信が早い」
ってよく言われることだけど、なぜなんだろう。

なおかつ作業のスピードもビックリするほど速くて
しかも雑ではなく、的確で、丁寧。

このスピードとレベルについていけないと
次のステージへ行けないなと実感する今日この頃。

ある方へ3万文字を超える原稿チェックの依頼を出したのが日曜日。
「3、4日のうちに確認して修正します」と返信いただいたのが月曜。

金曜あたりに修正かなと思っていたら、昨日の火曜に返信が来た。
的確な指示と、カットする部分、修正依頼も丁寧に明記されていた。
編集者としてパートナーになってもらいたいぐらい…笑。

ところで私は編集をする時、最終段階では、
未だにプリントアウトして、赤ペンを入れます。

モニターで文章を追っているのと、紙になった文字を追うのとでは
印象が全然違うので、違和感のある部分をすぐに見つけることができます。

さらには、電子書籍になった状態を見ることのできるエディターもあって
そこでもまた文字の印象、配列、違和感を発見したりするので
編集にはものすごく時間と手間がかかります。

でも、素敵な本にするためなので、その辺は手が抜けないかな☆
今年は何冊の本を出版することができるのだろう。
クリスマスの時期が今から楽しみ。

—————————————
メルマガ配信しています♥
表ブログでは書けないような内容はこちらから。
登録は無料なので、気軽に購読してみてください。

http://lalacream.com/oxdc
—————————————

2017-01-18 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

風変わりな起業家くんの件

entrepeneur

 

現在

とある起業家さんの

マインド的な文章を編集中です。

よくある自己啓発的な

上っ面だけ心に響くような

ありきたりな内容ではなく

彼自身の経験から生まれた考え方で

dead or alive 的な

スリルに満ちたド貧困時代が

妙にリアルで

納得させられてしまいます。

かといって

世の中の多くの人には

受け入れられないかもしれません。

どちらかというと、マイノリティです。

マイノリティの人間って

「どうせ誰もわかってくれない」

と思っている人が多いので

そんな諦めている人たちに

「マイノリティなりに頑張ってる奴いるよ!」

「諦らめないでガンガンいこう!」

「人の目なんて気にするな!」

「私たちの独創性は宝だよ!」

と、エールを送りたいのです。

私もマイノリティなので

彼のような存在に励まされています。

ただ早口なので…

文字を起こすのが超大変で

腱鞘炎になりかけています汗

でも、必ず出版します。

絶対に世の中に出したいので!

電子書籍ってこんなことが容易にできる。

ブログよりも、SNSよりも、

他のどんな媒体よりも

多くの人へ、広い世界へリーチ。

よっしゃ。

元気チャージして頑張るぞ!

—————————————
表では言えないようなエグい話、本音など
メルマガでは深くお話しています。

気軽に登録してみてね。無料です。

http://lalacream.com/oxdc
—————————————

2016-12-29 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

怖くなんかない離活のススメ

rikatsu_03

5冊目の電子書籍「怖くなんかない離活のススメ」

近日中に出版いたします☆
 

自立していないからと離婚を諦めている

すべての女性に贈る応援本です!

かなり赤裸々に書きました。

人生丸ごとコンテンツ!!

ご期待ください。

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

2016-11-20 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

それって映画の話じゃないよね?

Girl with afro haircut, surprised, pink lipstick, golden necklace, retro sun glasses, copy space to the left of the subject. retro colors.

いま、5冊目の電子書籍を執筆中です。

今回はお世話になった方へ向けて

Special thnaks to….

的なフレーズをあとがきに入れています。

読み返してみたら、じぃぃぃんと来てしまって

自分で自分の文章に泣きそうになっています(笑)。

全体的にはまだまだ書きたいことが

ちゃんと書けていないので、校正の嵐ですが

電子書籍を出版すると

思いもかけないうれしいコト、新しい仕事、

出会い、もろもろ…色々と不思議なことが起きるんですよ!

これは私のコンサル生も体験していることで

まだ出版していない生徒さんにも、すでに起き始めています。

私はというと、やはり今回、とんでもない出会いがあり

そこから私は大きなアイデアを得てしまい、

これからその企画に全力で取り掛かるつもりです。

私自身がいちばん楽しみにしていることなので

あなたもきっと楽しんで頂けるんじゃないかと思います。

「そんなことってあるの?」という小説の中のような話が

実際に私の身の上に起こったのです…。

来年、あなたにお届けしますよ。

お楽しみに!

+++++++++ 私の電子書籍他です ++++++++++++++++++++

◆のびのび不登校
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BJ0083S

◆読書ぎらいでもベストセラー作家
https://www.amazon.co.jp/dp/B01DN099ZU

◆今日から始める新在宅ワーク入門
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LY6EHN0

◆杉本ゆみのラジオ番組「愛と哲学の小部屋」
http://www.lalacream.com/wjl1

◆メールマガジン Yumirin Times
http://lalacream.com/oxdc

2016-11-15 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

特別対談を収録しました

どこにでもいるフツーの契約社員だった私が
いかにビジネスを始め、挫折し、
今のポジションに辿り着いたのか、
ビジネスのメンターである河村さんと
音声対談を録ってきました。

これから起業したいという方の
参考になるのではないかと思います。

ぜひお聞きください♪

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

2016-11-12 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

今夜19時にメルマガを配信します

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-15-14-10-49

本日19時にメルマガ配信します。

「誰にも言えない秘密の音声」☆

こういう告知をすると、

時々勘違いしたおじさまが

メルマガ登録されるのですが・・・

んなわけねーだろう

ってことでw

早々に解除しておいてくださいね♪

<br><br><br>
<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #ff00ff;”>表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪</span>
<a href=”http://lalacream.com/oxdc” target=”_blank”><img class=”aligncenter size-full wp-image-372″ src=”http://lalacream.com/wp-content/uploads/2016/08/meru1.jpg” alt=”meru1″ width=”205″ height=”246″ /></a></p>
<p><br /></p>

2016-10-15 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

どど~ん!と一挙公開

jc1

jc2

jc3

jc4

jc5

jc6

Amazon Kindleでパッと目についた表紙を並べてみました。
何かの拍子に目につく表紙デザインであることは、
リアル本でも電子書籍でも、かなり重要なこと。

たとえばアマゾンキンドルでセールがあったときに
買う本が決まっていない場合、表紙買いされることが多々あります。

自分の場合を振り返っても、浮世絵クラシックスの本とか
昭和初期の文学の本とか、完全に表紙買いしています。

なので、わくわくドキドキきゅんきゅんしちゃうような
パッと見て目について忘れられないような表紙を作りたい。

それは私一人の力ではできないことなので
デザイナーの皆さんと力を合わせて作っていきたいと思っています。

次はどんな表紙できるかな?

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

2016-08-30 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

そもそもなんで電子書籍なの?

novel

仕事がらつい、会話の合間に
「ところで電子書籍を出してみませんか?」
と提案してしまいます。

すると皆さん、きまって驚いた表情になります。

「いやいや、文才ないし!」
「有名でもないのに」
「私は作家じゃないから~」
「本なんてムリムリムリ」

・・・皆さんの本に対する幻想に、驚きを隠せません。

確かに今までのイメージでいうと
「本を出す」とはイコール・・・

文豪、文壇、純文学、太宰、小説、眉間にしわ、万年筆、原稿用紙、
苦悩、人生とは、アーティスト、生と死、哲学、著名人etc

なんとなくこんなイメージなのかもしれませんね。
電子書籍とは、そういったものとは全く無縁です。

・無名でも出せる
・何書いてもいい
・面倒な打ち合わせがない
・今日書いて明日出版が可能
・ずうずうしくも全世界へ向けてアピール
・限界費用ゼロ
・黄ばまない、傷まない
・「本を出してる私」とマウンティング可能。

とまあ、ざっと思いついただけでも
これだけリストアップできます。

さらに、一番の利点として「集客」があります。

意外に思う方が多いかもしれませんが
店舗を構えている方の集客に使えるのが電子書籍なのです。

整骨院、鍼灸院、ネイルサロン、エステサロン、セラピストさん・・・

駅前でチラシやティッシュ配ったりは、労力がいりますし
地域が限られちゃいますね。

電子書籍で営業かけると、商圏は日本中に広がるので
もしかして隣の駅、はたまた同じ沿線とか
ちょっと遠くのお客様でも、来店頂くことが可能になります。

ぶっちゃけ電子書籍は、どデカイ名刺です。

しかも、いちいちご挨拶に伺わなくても
アマゾンが勝手にマーケティングしてくれますので
出版しちゃえば自動で集客・・・。

これっておいしくないですか。

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

2016-08-24 | Posted in 電子書籍No Comments » 

 

Unlimited ここにご注意

アマゾンキンドルのUnlimitedで
本をバンバン買っていたら
次のような警告が出ました。

Kindle Unlimited 本は10冊まで同時に利用できますが、
現在10冊に達しています。
他の Kindle Unlimited 本を利用するには、
現在利用中のいずれかの本の利用を終了する必要があります。

つまり一度に読み放題なのは10冊までで
11冊目を読むには、1冊削除しないといけないようです。

「買う」というより「レンタル」な感じですね。

しかも、Unlimitedの対象本は
読んだページ数に応じてロイヤリティが支払われるので
面白くなかったり、興味を持たれなかったら

報酬は支払われない

というわけです。

これはシビアなようで、文才のある方は
「よしよし」とニマニマされているのではないでしょうか。

昨今、ネットビジネス系の意味不明な本が
乱立しているのがアマゾンキンドルの実態。
(私の本も含めて、という意味で)

どこかの文章をコピーしたようなビジネス本を
500円だ1000円だかで販売して
ロイヤリティが350円とか、そりゃないですよね…。

しかも買ってみたら「なんだこりゃ?」
というような代物だったら、目も当てられません。

無料レポートサイトの文章を書籍化したり
書籍自体がセールスレターになっていて
文末に情報商材のアフィリリンクがある…
というものも、驚いたことにあるようです。

法律で罰せられるようなことではないので
何をやっても自由といえば自由ですが
ここまでくるともう、モラルの問題ですね。

…なんだか愚痴っぽい記事になっちゃった。
台風が来てるからかな笑

アマゾンを見ていたら、
アイスクリンが1時間で届くそうです!

うちのエリアは2時間エリアでした笑。

amazon

2016-08-17 | Posted in 電子書籍No Comments »