練習小説&妄想

妄想の神さまが降りてきた

futatabi_s

こんにちは!
電子書籍コンサルタントの杉本ゆみです。

昨日の朝、妄想の神様が降りてきまして
掃除も洗濯もやらずに、ひたすら書いていました。
妄想短編小説を笑。

時々、こういうことがあるんです・・・。
そんな時は、ゴミ出しが終わってなかろうが
なんだろうがもう
書くしかないです。

なかなかいい感じの書けました♪
読んでね☆

あと、近いうちに「超短編小説」を書く
ワークショップ開きます!
おたのしみに☆

———————————————————–

ラッシュ時の電車の中で

私の髪が絡まった。

隣に立っていた高校生男子の袖に。

スマホを見ていた男子の

ゴツゴツとした手と、私の髪が

絡んでしまえとばかりに絡まった。

え?え?と慌てれば慌てるほど

二流の恋愛ドラマのようにもつれていく。

毛玉だらけのグレーのセーターから

ビロンと伸びたYシャツのボタン。

そんな着方してるから・・・

と言ったところで始まらない。

…今日は確か、前髪切りバサミ持ってる。

昼休みにオフィスで

伸びたとこをパッツンしようと思ってたんだ。

首を男子の方へ傾げたまま、バッグをさぐる。

あった。

「これで切っちゃってください!」

手早く男子にハサミを渡すと

「え、いいんすか?」と遠慮がちな声。

「早く~」

と懇願すると、ジャキッと音がした。

男子は、髪がもつれたYシャツを切った。

私の髪には3センチ四方くらいの

Yシャツ髪飾り。

「女の人の髪なんて切れないっすよ」

男子はピョコッと会釈をすると

恥ずかしそうに口を曲げて

次の駅で降りてった。

…なんとゆう末恐ろしい男。

Yシャツ頭につけたまま、しばし放心状態…。

月曜日の小さなハッピー、いただきました。

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

2016-10-19 | Posted in 練習小説&妄想No Comments » 

 

インスタント作家誕生

writer11

こんにちは。
電子書籍コンサルタントの杉本ゆみです。

誰もが一度は
小説を読んだことがあると思います。

ですが
小説を書いたことってありますか?

ほとんどの方は「NO」ですよね。

もし簡単に、規則的に、数学的に
小説を書くことができるとしたら

あなたの想像力を駆使するのではなく
規則に従って、事務的に小説を書けるとしたら
ちょっと小説を書いてみようと思いませんか?

実は見つけてしまったのです。

簡単に規則的に
超短編小説を書く方法を。

そのセオリーで書いてみたのが
つぎのショート小説になります。
ものの1時間ほどで書き上げました。

—– 題名 七変化する毛布 —————-
七変化する毛布とは、くるまって眠る人の感情を察してくれるAI搭載の、未来型毛布です。
日中、会社や学校で失敗したり、怒られて凹んだ夜には、柔らかい温もりでもって、やさしく慰めてくれます。
好きな人のことを考えて眠った日には、バラの香りに包まれて、幸せな気持ちで眠ることができます。
難点としては、悲しんでばかりいる時は、涙があふれて、朝にはびしょ濡れになったり、人を妬んだり、焼きもちを焼くと、ジリジリと低温火傷をする恐れがあります。
イヤな目に遭い、怒って眠ると、内側から石が降ってくるので、朝には血だらけです。
負の感情を抱いて眠るには、注意が必要になります。
——————————————–

どうでしょう。
ちょっと商品説明みたいですが
落ちまで一応キレイにまとめることができました笑

あるやり方を使えば
あなたにも簡単にこんな小説を書くことができます。

近いうちにワークショップを企画予定ですが
やってみたい!という方いらっしゃいますか?

参加してみたいという方は
次のURLをクリックしてください。
http://lalacream.com/eiux
※巷で高評価の映画の公式サイトに飛ぶだけです。

希望者が多いようでしたら
ワークショップを開催したいと思います^^

冬は色々なイベントを開きたくなります。
かぎ編みワークショップやクリスマス会など
余裕があれば、やってみたい・・・・♪

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

<>br>

2016-10-12 | Posted in 練習小説&妄想No Comments » 

 

おすすめの1冊 PART1

boku

私の学生のころは、「本」といえば「小説」「文学」でした。

今は、自己啓発やビジネスの本が書店でも幅を利かせてますが
もっとみんな、小説を読んだ方がいいと思います。

なぜってそこには、ひとつの世界観があるから。

ビジネス書なんて、ハッキリ言ってどれも同じで
書こうと思えば誰にでも書けるでしょう(たぶん)。
感情が伴っていないから。

小説は、感情オンリーといってもいいくらいで
また、書いてある文章よりも、その隙間ね。
行間を読者が勝手に読み取るところに醍醐味があります。

その行間は、読む人によって、とらえ方は変わるので
誰が正解というものはなくて、そこがまたいいのです。

で、今日ご紹介する小説は、山田詠美さんの
「僕は勉強ができない」です。

一回り以上年上の女性とセックスする高校生男子や
大人の世界を知り尽くしたような少女が出てきたり
汚れているようでいて、実はものすごくピュアだったり
いけすかない秀才男子を色仕掛けで落として
期末テスト直前にこっぴどく振って、
成績をめちゃくちゃにしたり(最初からそれが目的)。

「文章でこんなにカッコいいこと、できるんだ」
それがこの本を読んだ時の感想で、衝撃的でした。

それに、主人公の秀美くん(17)が魅力的な男の子で
当時、こういう雰囲気の男の子にばかり恋してました笑。

小説なんて読んだって何の得にもならないけれど
得にならないという点では、ビジネス書だって同じで
・・・まぁ、それは語弊があるかもしれないけど
私はそう思っています。
ビジネスは実践だから。

まぁ、とにかく読んでみてください。
ステキな世界ですよ~。

mail1

 

2016-08-22 | Posted in 練習小説&妄想No Comments » 

 

音読スキルを身につける

Young male reading aloud from book at the beach

文章を書いたあとの清書ってどうしてますか?

目で文字を追って、誤字を修正。

段落をあっちへこっちへ入れ替えてチェンジ。

プリントアウトして、違和感をチェックアウト。

どれも正解です。

が。

私のおすすめはズバリ「音読」です。

声に出して、自分の書いた文章を読んでみると

「この言い方はないなぁ、おかしい」

というところが一発でわかります。

堅苦しい小説を書いているわけではないので

口語体ですんなり違和感がなければ

その文章はOKということになります。

あとね、たとえば臨場感を出したくて

対話をそのまま書く人がいるんだけど

そう言う文章こそ、音読してみてほしいの。

例えば、こんな文章どうですか?

「何よ、私のことが嫌いになったのね?」

「ちょ、ちょっと、そんなこと誰も言ってないじゃないか」

「だってわかるもん、煮え切らない人ね!きーっ」

…(´・ω・`)

どうでしょうかというよりも、読むまでもないけれど

こういう原稿を受け取ったことがあります(-_-;)

「もう好きじゃないクセに」

「そんなことないよ」

「わかるもの」

ぶっちゃけ、このぐらいでちょうどいいでしょう。

読んではずかしくないこと、

間を読んでもらうこと、

読者がイメージする余白が沢山あること

これは私がかなり気を付けているポイントです。

文章を書くときは音読です。

ぜひお試しください♪

2016-08-13 | Posted in 練習小説&妄想No Comments »