Music

Love Music

a1

どこかでも書いたけれど、阿南亮子さんの音楽が大好きだ。
海外でも活躍されてる方のようなので、Ryoko Anannと表記した方がいいのだろうか。

最近では邦画のサウンドトラックも手掛けられているようで、商業ベースかな…と思いつつも聴いてみると、やはり亮子さんの世界だった。
彼女の音楽にはいつも深い深い感情がこめられていて、ひとつひとつの気持ちに触れてしまうので、「ああ、今そんな気持ちなんだ。それは切ないね、よかったね、がんばろう、まだいける!」など、勝手に心の中で応援したり、一緒に悲しんだり、微笑んだりしている。

悲しみの気持ちのときは、それでも前を向いて、涙を拭いて向かっていこうとする姿勢を感じるし、口論のあと、嫌いだからケンカしたわけじゃないとわかって、どちらからとなくポツリ、ポツリと話しかけたり、「ごめんね」ってオデコをつけて謝ったり、曲の中に、音楽の中に映像が広がるようだ。
つまり、大好き。

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
2018-03-15 | Posted in MusicNo Comments » 
Comment





Comment