Diary

しごと人間

IMG_6636

部屋に閉じこもって音楽もかけずに仕事に没頭すると、効率よくはかどると同時に、私ってこの世に一人きりなんだ、組織に所属せずに、一人きりで働いているのだ、孤立なのだ…て、突然不安になることがある。
案外と保守的な私は、大企業に勤めて居れば安心だと思っていたから、ずっと大きな会社に身を置いてきた。
仕事の内容よりも、どの駅だ(好きな街を通る定期券)、どのオフィスビルだ…とか、そんなことが大切だった。
…やりたいことが全くわからなかったから。

孤立感が強くなると、ワンコを連れてお外に散歩に行く。
「日課にしているから、義務的に散歩するのではなく、体をきちんと休めてあげるために、体を労わるために行くのがいい」という言葉を昨日聞いたばかりだったので、「お疲れさま、ゆみさん」という気持ちで玄関のドアを開けた。

戸外の空気にふれて、少しだけ気持ちのリセットができても、机に向かうとまた若干憂鬱になってしまう。
気がかりなことがあるから…それが引っかかっいる。こころが再びきゅうっと固くなる。

下向き加減でPCのキーボードに向かっていると、男友達からメッセージが届いた。
なんてことはない内容と、ぷっと吹き出しちゃうエピソード、のんびりした口調に和む。
こんなちょっとしたことで、憂鬱な気分が晴れるのは、性格が単純だからなのかな?
それでもいいね、 友達の力ってすごい、ありがたい。
取り直して、ハーブティーを淹れにキッチンへ向かい、今度は彼にメッセージを送ってみた。
今週はとても忙しいようなので、あまり連絡はしていなかった大好きな彼。
どうでもいいチャットの暇もないだろうし、ウザがられたいやだし(笑)。
ほんとうは、こんなブルーな気持ちの時ほど、そばにいてほしいけど。

「〇〇ちゃん、頑張ってる?」と送ると、「ちょっと死んでるw」と返ってきた。
彼は本当にいつも忙しくて、いつだってどんな時だって、仕事を追いかけている。
おそらくプライベートなことよりも、仕事をだんぜん優先するタイプで、恋人のプライオリティはかなり低めだろう。
けど、そんな彼がとても好き。
平日の早い時間から仕事を放って、時間を見つけて会いにくるような人だったら、まっぴらごめんだ。
多忙な毎日の中で、それでも私のために時間を割いてくれることに、喜びを感じる。

…屈折しているかな?
若い頃は自分のことだけを見ていてくれなきゃイヤだったけれど、四六時中こちらを向いていられたら窮屈だし、きっと、自分にも自分だけの世界があるから、そこまで入ってきてほしくないのかもしれない。

ということを書いていて、「大人になったなぁ‥‥」と自画自賛せずにはいられない。
ま、いま、夜中にこれを書いているので、かなりどうでもいい内容かも…。
長々とごめんなさいね、彼が好きということが多分言いたいだけ…笑。

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
2018-03-15 | Posted in DiaryNo Comments » 
Comment





Comment