練習小説&妄想

妄想の神さまが降りてきた

futatabi_s

こんにちは!
電子書籍コンサルタントの杉本ゆみです。

昨日の朝、妄想の神様が降りてきまして
掃除も洗濯もやらずに、ひたすら書いていました。
妄想短編小説を笑。

時々、こういうことがあるんです・・・。
そんな時は、ゴミ出しが終わってなかろうが
なんだろうがもう
書くしかないです。

なかなかいい感じの書けました♪
読んでね☆

あと、近いうちに「超短編小説」を書く
ワークショップ開きます!
おたのしみに☆

———————————————————–

ラッシュ時の電車の中で

私の髪が絡まった。

隣に立っていた高校生男子の袖に。

スマホを見ていた男子の

ゴツゴツとした手と、私の髪が

絡んでしまえとばかりに絡まった。

え?え?と慌てれば慌てるほど

二流の恋愛ドラマのようにもつれていく。

毛玉だらけのグレーのセーターから

ビロンと伸びたYシャツのボタン。

そんな着方してるから・・・

と言ったところで始まらない。

…今日は確か、前髪切りバサミ持ってる。

昼休みにオフィスで

伸びたとこをパッツンしようと思ってたんだ。

首を男子の方へ傾げたまま、バッグをさぐる。

あった。

「これで切っちゃってください!」

手早く男子にハサミを渡すと

「え、いいんすか?」と遠慮がちな声。

「早く~」

と懇願すると、ジャキッと音がした。

男子は、髪がもつれたYシャツを切った。

私の髪には3センチ四方くらいの

Yシャツ髪飾り。

「女の人の髪なんて切れないっすよ」

男子はピョコッと会釈をすると

恥ずかしそうに口を曲げて

次の駅で降りてった。

…なんとゆう末恐ろしい男。

Yシャツ頭につけたまま、しばし放心状態…。

月曜日の小さなハッピー、いただきました。

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
2016-10-19 | Posted in 練習小説&妄想No Comments » 
Comment





Comment