練習小説&妄想

インスタント作家誕生

writer11

こんにちは。
電子書籍コンサルタントの杉本ゆみです。

誰もが一度は
小説を読んだことがあると思います。

ですが
小説を書いたことってありますか?

ほとんどの方は「NO」ですよね。

もし簡単に、規則的に、数学的に
小説を書くことができるとしたら

あなたの想像力を駆使するのではなく
規則に従って、事務的に小説を書けるとしたら
ちょっと小説を書いてみようと思いませんか?

実は見つけてしまったのです。

簡単に規則的に
超短編小説を書く方法を。

そのセオリーで書いてみたのが
つぎのショート小説になります。
ものの1時間ほどで書き上げました。

—– 題名 七変化する毛布 —————-
七変化する毛布とは、くるまって眠る人の感情を察してくれるAI搭載の、未来型毛布です。
日中、会社や学校で失敗したり、怒られて凹んだ夜には、柔らかい温もりでもって、やさしく慰めてくれます。
好きな人のことを考えて眠った日には、バラの香りに包まれて、幸せな気持ちで眠ることができます。
難点としては、悲しんでばかりいる時は、涙があふれて、朝にはびしょ濡れになったり、人を妬んだり、焼きもちを焼くと、ジリジリと低温火傷をする恐れがあります。
イヤな目に遭い、怒って眠ると、内側から石が降ってくるので、朝には血だらけです。
負の感情を抱いて眠るには、注意が必要になります。
——————————————–

どうでしょう。
ちょっと商品説明みたいですが
落ちまで一応キレイにまとめることができました笑

あるやり方を使えば
あなたにも簡単にこんな小説を書くことができます。

近いうちにワークショップを企画予定ですが
やってみたい!という方いらっしゃいますか?

参加してみたいという方は
次のURLをクリックしてください。
http://lalacream.com/eiux
※巷で高評価の映画の公式サイトに飛ぶだけです。

希望者が多いようでしたら
ワークショップを開催したいと思います^^

冬は色々なイベントを開きたくなります。
かぎ編みワークショップやクリスマス会など
余裕があれば、やってみたい・・・・♪

表では書きにくいぶっちゃけトーク満載のメルマガはこちらからどうぞ♪
meru1

<>br>

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
2016-10-12 | Posted in 練習小説&妄想No Comments » 
Comment





Comment