Movie

書くことのハードルを下げよう

snipe

こんにちは、杉本ゆみです。

前回は映画レビューを提案しましたが、
書いてみた人~?

書いてみたよ!というアナタは
電子書籍コンサルタントの素質が大ありです!
または、ライターさんですね♪

大体、どこの誰とも分からない私に
「さあ、映画レビュー書いてみよう!」
などと言われて素直に行動しちゃう
ってこと自体が、もうそれだけで素晴らしい。

行動に移せるか、頭で考えるだけか、
その違いがすべて…とは言いませんが、
行動できなきゃ何も始まりませんからね。

ところで前回おすすめした映画サイトのFilmarks
私の大好きなサイトなのですが、
比較的反響の良かったレビューはこんなです ↓

————————————————
「アメリカンスナイパー」4.6点
余韻がすごい。
この作品のエンディングロール、
見た方はお分かりかと思うけれど、
私には空爆と銃の炸裂する音しか
聞こえてこなかったです。

そして、真昼間に見たんだけど、
もし自分が伝説のスナイパーだったら、
この平和で呑気な日常に、
どうして帰れようとクリスに共感。
クリスは戻ったんだよね…。
それもすごい。
さすがシールズ。

「グラントリノ」の台詞に、
「戦争ってどんなもの?」と少年に聞かれて、
「お前はそんな事は知らなくていい」
と答える下りがあったのを
ふと思い出しました。

クリントイーストウッドの「戦争なんてクソくらえ」
という思いがたっぷり詰まった作品でした。
———————————————

ね?
こんな感じでいいんですよ。
むずかしいことないでしょ?

書くことに対するハードルが
少しでも下がるといいなと思って書いてみました。

次回は「ツイッター140文字」についてです。
おたのしみに☆

It's only fair to share...Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterEmail this to someone
2016-08-10 | Posted in MovieNo Comments » 
Comment





Comment